市立魔法専門学校

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※最初にちょっとだけ私信※
 ahoudoriさん、先日は拍手にてコメントありがとうございました。まさかこのブログを見ていただいているとは思わなかったので、嬉しかったです。今後も批評を参考にさせていただきますので、こちらこそ宜しくお願いします。

 僕は日本人だからなのか、やっぱりご飯が好きです。しかし、毎食ご飯なのもそれはそれで味気なく、時にはパンやスパゲティなども食べたくなるというのが人の心というもの。ということで、今日はいつもと違ったおかずをご紹介したいと思います。
 よーするに、紹介するのがエロゲでなくてエロ漫画という、ただそれだけです。
(できるだけサンプルが見やすいところを選んでいるので、リンク先はバラバラになってます)


ストレッタ(世徒ゆうき)

 エロマンガ界に詳しくない僕でも名前を知っている、超有名エロ漫画家さんの現時点で一番新しい本。なんというか、エロい藤島康介という感じですが、とにかく絵が綺麗です。汁描写やや多め、非処女率100%、女の子主導多しと、シチュ的にはちょっとだけ特殊部類です。
 中でも「あるいはもののけ(前・後編)」のエロさは圧巻で、ド淫乱・ルマさんに何度絞られたことか。
 作者の以前の作品の続き的なエピソードも収録されていますので、アッチェレランドストリンジェンドと共にお薦めしたいところです。
 ちなみに、世徒さんの原作は現在ほぼアニメ化されていまして、そちらもエロアニメとしてなかなかのクオリティなので、原作を気に入ったらこちらも是非。


The Great Escape 2(尾崎未来)

 本の帯に「愛すべきヤリマン」と書かれているのは伊達じゃなく、彼氏がいるにもかかわらず、スイッチが入ると誰とでもセックスしてしまうという、まさに昨日僕が語った理想のエロヒロインを体現する女子校生主人公・あいちゃんが、途轍もなくエロかわいいです。
 絵柄はやや少女漫画風で、汁描写は少なめ、中出し多め。良くも悪くも登場する女の子が一人なので、表紙の絵とジャンルで判断するのがいいと思います。
 ちなみに「2」とあるように、これは第2巻なんですが、1巻よりも2巻の方が不特定の男とエッチしちゃう展開が多いので、こっちを推してみた。


派遣のむうこさん(彩画堂)

 「KOF(キングオブファイターズ)」の同人誌でエロ同人漫画界を席巻した、彩画堂さんの商業本。こちらも僕がお薦めするだけあって、むうこさんという女主人公が毎回違う男とゆきずりのHしてしまう展開が主となっています。
 彩画堂さんの絵は非常に上手いという感じではないのですが、女性の身体がなかなか肉感的に描かれていて、且つ、あまり汁とか台詞とかをゴチャゴチャと入れないので、その意外とすっきりした画風が好きです。
 一話完結系のエロ漫画の特性を生かして、いろんなバリエーションのエッチ(複数H・イメージプレイ・筆下ろし)を取り入れているのもいいですね。
 ハナさんの休日という、以前の作品に出てきたキャラクターも活躍しますので、そのエロ描写の上手さも含めて、是非お薦めしたい漫画です。


着衣性交(山崎あつし)

 表情やコマ割りやおっぱいがやや硬い印象がありますが、着衣エッチが魅せる一冊。コスチューム・下着へのこだわりは中々のもので、コスプレものが好きな人におすすめです。
 女子校生ものとして、同作者の『私とラブラブ★エッチしようよ』も一緒にいかがでしょうか。どちらも、基本的に和姦で、あまりハードな展開がないので、お勧めしやすい作品でもあります。


ナースを彼女にする方法(藤坂空樹)

 男の妄想がガッツリ詰まったハーレム系看護師モノ。個人的には『淫笑う看護婦(米倉けんご)』と並ぶナースモノの傑作です。
 ただ、『淫笑う看護婦』はS系お姉様看護師にやられたりやったりするのが趣旨だったのに対して、こちらの『ナースを彼女にする方法』は、あくまで和姦ハーレム系で、そのほんわかした感じの絵柄同様、物語もエッチもやや大人しい目。
 一応、メインヒロイン的な娘がいるのですが、主人公が優柔不断なので、色んなナースさんとHしてしまいます。主人公GJ。
 設定上、欲求不満が溜まったナースさんたちの相手をするという感じなのですが、2巻以降は恋愛色が強まりそうなので、それがちょっと心配かもです(現在は1巻のみ)。
 最近、エロゲではあまり良いナース作品が出ていないので、ナース分補給にどうぞ。


小悪魔ファック(水上蘭丸)

 小麦色ギャル系ヒロインで殆ど埋められた、ちょっと珍しい感じの作品。
 この作家さんの絵はツヤツヤ感が非常にエロく、また、それが色黒なギャルにうまく生かされてます。シチュエーション的には、レイプ・逆レイプ・3Pなどがありますが、中でも僕が良かったのは「東大生・真奈」という話で、アキバ系のイメージをちょっと履き違えた東大生ギャル・真奈の勘違い振りが面白かったです。
 エロゲー畑に住む僕としては、ギャル系ヒロインはあまりお目にかかったことがないタイプでしたが、いやいや、小麦色の肌はなかなかどうして良いものです。…現実のギャルはちょっと怖いけど。


 …という感じで、何冊か紹介してみました。
 なんというか、エロ漫画に詳しい方には面白くもなんとも無い、メジャー・ポピュラーな作品が多かったかもしれませんね。ただ、どれもわりと売れ線だけあって、全体的にクオリティは高いと思います。

 エロ漫画を購入したことがある方は経験あると思いますが、エロ漫画って、エロゲー以上に作品内のクオリティのバラつきが激しいんですよね。単行本の最初の話と最後の話を比べると、本当に同じ作者なのかと疑いたくなるようなものが結構あります。
 また、エロゲでいうパケ買いにあたる表紙買いはかなりの冒険度。特に、自分の好きなジャンルだからといって、アンソロジー系の本を買うと後悔することがかなり多いです。

 今回ご紹介したものは、そういった数々の失敗の末に勝ち取った、僕なりに厳選したラインナップとなっています。ぶっちゃけ、僕が本当に「使えた」ものだけを紹介しています。まぁ、それが信頼に値するかどうかは別ですが…。

 ケンミンの焼きビーフンではないですが、毎日エロゲでちょっと飽きている方は、エロ漫画に手を出してみるのもいいかもしれませんよ。案外、漫画にしかないエロさというものがあるものです。
スポンサーサイト
コメント

なんてことはないんですが、私も見てますよってことで応援コメントです
エロスケでは、毎度、感想を楽しませてもらってます
このブログは期間限定とのことなので、あと一週間くらいで終わってしまうのはさみしいですね
もし、気が向いたら、月一とかでゆっくり続けてみてくれるとうれしいです
2009/08/24(月) 03:09:03 | URL | えび #-[ 編集 ]

えびさん、コメントありがとうございます。批評空間でご活躍されている方に訪れて頂けるのは、同士に出会ったような嬉しさがありますね。

それにしても、えびさんのジャンルを問わない精力的な活動には頭が下がります。僕もえびさんの感想はネタバレのものを除き、いつも拝読させてもらっています。

このブログについては、正直なところ僕ももう少し続けたいという気持ちがあるので、今月で完全に閉鎖するということはないと思います。
まだ未定なので何ともいえませんが、せめて週一くらいで更新できそうなら続けようかな、と。

ともあれ、もう少しの間お付き合い頂けたら幸いです。
2009/08/25(火) 02:38:15 | URL | 魔法使い #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://princesswaloz.blog62.fc2.com/tb.php/23-fbe58016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。