FC2ブログ

市立魔法専門学校

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 僕の妄想では華々しいスタートを切る予定だったこのブログも、すっかりスタートダッシュに失敗していますが、よく考えなくても僕の力はこんなものなので、ほんわかいきます。

 ということで、本当ならブログ開始と同時に、それなりに力を入れて書いた長文感想をエロゲー批評空間に投稿したかったのですが、時間の都合で実現しませんでした。なんせ、7月は末日までテストがあったので…しかも普段の勉強不足が祟って、人生初の徹夜で勉強なんてのを体験したもので…。
 自業自得とはいえ、少し後悔しているのですが、とりあえずそれを払拭とまでは言えませんが、今日、一つ長文感想を書いてみたので、投稿しました→痕リメイク版の感想

 またしてもゲーム内容に殆ど触れていない、あまり役に立たない感想です。しかも急いで書いたので、ちょっと変かも。
 で、リメイク版『痕』なのですが、投稿した感想では批判していますが、四姉妹シナリオはやっぱり結構面白かったです。ただ、どうしても高砂六花のシナリオは肌に合わず、最後まで面白いと思えませんでした。

 けれど、これはつい先ほど「美少女ゲームマニアックス」という古い本を読んでなるほどと感じたのですが、『痕』に流れているテーマは「家族の絆」だそうで(そりゃそうだ)。恐らく、僕は六花を柏木家の一員として見れなかったのでしょう。長文感想内で彼女を異分子と書いているのがいい証拠です。

 そうすると、テキスト表現のこともあるにせよ、彼女を拒んでしまったのは結局僕自身だったのかなと。
 やはり僕は懐古趣味なのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://princesswaloz.blog62.fc2.com/tb.php/4-e083caf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。