FC2ブログ

市立魔法専門学校

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『えれくとりっく・えんじぇぅ(Full Ver.)』は2007年10月10日にニコニコ動画にて発表された楽曲で、2009年8月8日現在で再生数65万、マイリスト2万強を誇る、ミク黎明期におけるヒットソングである。

 僕がこの曲を『みくみくにしてあげる♪』に続く2番手として紹介するのには少々訳があって、それは、この先初音ミクひいてはVOCALOIDに関連する多くの楽曲その他について語るときに一つのキーワードとなる「電子の歌姫」を触れるのに当たり、この『えれくとりっく・えんじぇぅ』が非常に適当だからだ。

 音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェアである初音ミクは、端的に言えば楽器である。しかし、人間の音声を扱い、人間的に歌える機能を備えること、また、ソフトウェア自体がバーチャルアイドル(バーチャルシンガー)と見立ててキャラクター付けされていることなどから、初音ミクは人間的であり、一個の人格を備えているとみなされることがままある。

 当然、それは個々人が“それぞれの”ミクにつける設定であって、実際がそうであるはずがない。が、実はこれはVOCALIDを受け入れ、楽しむにあたって、非常に重要な意味を持ってくる。
 何故なら、「初音ミクをはじめとしたVOCALOIDにはいわゆる魂が存在する」という設定は最早一つの定番であり、その設定に基づき制作される楽曲・PV等は膨大な数に上り、且つ、これからも続いてゆくであろう概念の一つだからである。

 「0と1しか分からない ワタシに"I"を教えてくれた」

 との歌詞が指し示すように、『えれくとりっく・えんじぇぅ』はその極みといってもいい。
 人ではないけれども人らしくあるもの、精神性を持つものでありながら、生物と無生物の狭間に偏在させることで、人間や自然に対する儚さ・切なさといった感情的なものから、その存在故の無限の可能性までを、「電子の歌姫」は自由に引き出すことができるのである。

 これは、ミクの開発元による絶妙な按配の設定が、ミク自身を非常にニュートラルな立場にしていたが故の成功といえる。また、電子の世界にどっぷり浸かりながらも、どこかアニミズム的な考え方を捨てきれない現代人であるからこそ、ヒットしたともいえるだろう。

 シンプルな歌詞、シンプルな画像であるからこそ、この『えれくとりっく・えんじぇぅ』は多く可能性を持つ。視聴者独自の解釈、感覚によってPV・アレンジがなされ、様々な方向へえんじぇぅが羽ばたいていったことがその証拠である(こちらのPVにおける、2番歌詞の逆転の発想ともいうべき解釈はその秀逸な例)。

 こうした「電子の歌姫」として描かれた世界を、太古の神話やSFの王道となんら変わらない一種のロマンと言ったら、お笑いになるだろうか。もちろん、それはそれで構わないだろうし、僕もVOCALOIDを高尚なものにする気など毛頭ない。
 ただ、VOCALOIDから生み出されるものをエンターテイメントと位置づけるのならば、それをより楽しむ方法を試してみるのも悪くない。 

 彼女をガラテアに据えるのはやり過ぎだが、僕たちがピグマリオンを演じるのもまた一興。
 『えれくとりっく・えんじぇぅ』にはそうした魅力が詰まっている。

関連&お気に入り動画




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://princesswaloz.blog62.fc2.com/tb.php/9-4bbb3c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。